辛いからうまいカシミールカレー

Kashmiri curry tasogareblog

カシミールカレー
日本でも有名店で出されているので名前は聞いたことがある方も多いと思います。しかし今回のこのカレーはその有名店のカシミールカレーではなく、実際にインドのカシミール地方で食べられているカレーのレシピです。

その日本の有名店のカシミールカレーは手違いでカシミールカレーと名乗ってしまったというのは割と有名な話ですね。

ちなみにカシミールって?という方もいるかと思うので、カシミヤって言えばわかるかと思うのですがあのセーターなんかに使うヤギの毛糸。そうカシミヤセーターが生まれたエリアのがカシミールです。

そしてカシミールカレーはインドカレーの中でもかなり辛いカレーとしても有名です。

僕のレシピでは少し辛味は抑えていますがもちろんもっと辛いのが好みな人はカイエンペッパーを足したり唐辛子を足したりして調整してください。

卵がゴロゴロ。卵好きにはたまらない、ベンガル卵カレー 

ベンガル卵カレー?

ベンガルとはバングラディッシュとインドの一部の地区です。

卵が好きな人にはたまらないカレーです。

あまり聞き慣れないかもしれませんが、このカレーはベンガル地方では日常的に家庭で食べられているカレーです。卵のカレー、卵がメインのカレーなんです。
このカレーはゆで卵をカレーで煮込むんです。カレーにゆで卵トッピングしたりする人もいるのでさほど違和感はないけど見た目の卵ゴロゴロ感が面白くベジタリアンカレーでなどで意外と使いやすいレシピの一つかと思います。ぜひ一度作ってみてください。

コレステロールが心配?

卵の話をすると、よく卵を食べ過ぎるとコレステロールが上がるからよくないと言われル事があります。確かにコレステロールは卵に多く含まれています。でも最近の研究では体内で作られるコレステロールは食べ物でコレステロールを摂取すると自動的に体内で作るコレステロールの量を少なくするように調整するからあまり心配しなくていいのだそうです。もちろん個人差あるとは思いますのでコレステロール値に気をつけなければならない方は気をつける必要がなるのかと思いますが、昔言われていたほど心配しなくてもいいのだそうですよ。

もちろん食べ過ぎは禁物ですがコレステロールを含む食べ物にはお肉、揚げ物、アルコールなど様々です。一概に卵だけの話ではないので、バランスの良い食事をとることを心がけましょう。

シナモンがコレステロール値を下げる。

コレステロールの話になったので一つスパイスの話。

シナモン、日本でも一番ぐらい知られているのではないかというこのスパイス、カレーでもよく使われます。今回のこのカレーにもガラムマサラの中に含まれています。

このシナモンというスパイスは血糖値を下げる効果があります。つまりは悪玉コレステロールを減らす効果があります。
他にも腸の状態をを正常にする、体を温める、シナモンの香りが脳を活発にするなどいいことばかりです。

スパイスは体にいいものばかりなのでスパイスカレーを食事に取り入れて健康で美味しい食事のレパートリーを増やしていきましょう。

 

 

健康すぎるカレー。甘酒ヨーグルトカレーのレシピ – Amazake Yogurt Curry

Amazake Yogurt Curry by tasogareblog

甘酒ヨーグルトカレーは僕が週1度やっているカレーのイベントで作ったカレーです。 このイベントは毎週全く違うカレーを作るイベントなんですが結構変わったカレーもたまにやっています。 このカレーもちょっと変わったカレーかな?

このカレーを作った経緯としては飲む点滴と言われるほど甘酒が近年健康食として人気でありヨーグルトと一緒にするとさらにそのその効果が増すというのを聞いて面白いと思ったのと、ベジタリアンのカレーのバリエーションの一つになるかなと思って作ってみたカレーです。
僕は個人的にそんなに甘酒というものが好きな方ではなかったので長い間飲んだりすることもなかったのですがこの甘酒カレーを作って食べてからは苦手意識もなくなりました。
それからいくつか違った甘酒を試したりするようになってすごく美味しい甘酒を見つけたりするいいきっかけになりました。
苦手なものも少し違った食べ方を試してみると意外と好きになるものもあるかもしれませんね。
味だけでなく健康的にもおすすめのカレーです。

甘酒の効能

飲む点滴と言われるぐらい栄養価も高く、腸内のビフィズス菌を増やすため腸にとってもいい。甘酒は麹から作られるので麹酸の効果でシミやくすみを防ぐ効果もあるのだとか。 さらにヨーグルトと甘酒を一緒に摂ると乳酸菌の働きがさらに活発になりダイエット効果まであるそうです。
ただ甘酒は米麹でできたものの方がこの効果が大きいようです。