Gus Dapperton( ガス・ダパートン)見た目がいい意味でヤバめ

ニューヨークからのアーティスト。とりあえず見た目がヤバめ、いい意味でも悪い意味でも。レーベルに無理やりやらされてるような嘘のスタイルじゃなくて自分のスタイルでやってる感じがしていい。こういう面白いアーティストがもっとでできてほしいし応援したい。

さて、僕も観に行ったんですが実は2019年11月に代官山UNITでライブもしたガス・ダパートン。ライブはとてもいい雰囲気でもう少し陰かと思ったけど思ったよりも楽しそうにライブをやっていた印象でした。

ガス・ダパートンのことはBENEEの曲で知った方も多いかも?

まだよく知らない人のために音楽的な話をすると、本人が公言している通り初期の楽曲はThe Smith(ザ・スミス)やJoy Divisionあたりの影響が感じられた楽曲多い印象。そこから2019年発売のアルバム Where Polly People Go to Read ではキャッチーでポップな曲が多かったです。

歌詞は少し詩的なというか抽象的なものが多くあまり気にせず聞き入ることができるし音楽も絶妙にメローです。たまに入るガス節が人によってはきになるかもだけど個人的にはすごく好きなアルバムで2019年の裏MVPぐらいのアルバム。最近はもっとクラブ、エレクトロ系のものを作っているようですがまだまだ未知数なところが多いバンドなのでこれからが楽しみなバンドです。

こんにちはtasogareです。 料理経験は気が付けば15年超です。イギリス、ドイツに割と長く住んでいました。日本に帰ってきてからはカレーのイベントなどをしたりレシピを作ったりしています。 このブログでは主にカレーのレシピを少しづつまとめていこうと思っています。全て自分のオリジナルレシピです。 スパイスカレーって難しそうと思っている方にできるだけ本格的で気軽にできるようにレシピを作っています。面白いレシピも作っているのでぜひ試してみてください。

1 Comment

  1. […] Gus Dapperton( ガス・ダパートン)見た目がいい意味でヤバめ […]

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です