スコットランド って国なの?イギリスを理解するために知っておきたいこと。

What is Scotland?

みなさんはスコットランドを知っていますか?

知ってそうで知らないスコットランドを知るために

あるスコットランド 人女性のコラムからスコットランドについて学びたいと思います。
(コラム原文は一番下にあります。)

どこの国から来ましたか?(どちらの出身ですか?


日本に住み始めてから何度も聞かれてる質問です。

こんなのは簡単な質問だと思うでしょう?

しかし

私の場合は少し複雑です。

私はこう答えます。

スコットランドから来ました。

スコットランド ?

大抵の人はスコットランドを知っています。

特にヨーロッパの人たちや北米の人たちは興奮したように答えます。

ウィスキー、ゴルフ、天気が悪いなど。

北米の人たちの場合、たくさんの人たちの祖先がスコットランド出身であることなど思い思いのことを語ってくれます。



日本の場合、少し話が変わってきます。


キョトンとされたり、全くわからない方も多くいます。スコットランドを知っている年配の男性の場合、ウィスキーのがらみのことが多く、ウィスキーの自分の好きな銘柄などを細かく教えてくれたりします。(逆に私が聞いたことないようなものまでも。。。)

または、北欧の国とこんがらがっているのかムーミンのことや『雪がたくさん降るんでしょ?』

と言われたりします。(意外と雪はそんなに降らないんですよ。)



こういった反応をされた場合、

私はこう言ってみます。

UKです。(ユナイテッド・キングダム、さらにはイギリスです。)と。。。

このフレーズがさらに人々を混乱させるともとあるようで、

スコットランドをアイルランドだと思っている人もいたり

ミニ地理の授業がはじまることもあります。


これはおそらく日本語の「イギリス」という国を指す単語がイングランドから来ていて

UK全体を表すものではないからです。

そしてこうなってしまうのも私自身理解できるのです。

ここから少し難しい話になってきます。

スコットランドというのは国なのです。(日本がそうなのと同じように)

しかし独立国家ではない。

ユナイテッド・キングダムの一つの国、

ユナイテッド・キングダムというのはグレートブリテン島と北アイルランドにある4つの国の総称であり、つまり、イングランド、スコットランド 、ウェールズ、北アイルランドの総称なのです。(実際にはもっともっと複雑です。世界の至るところに大英帝国時代の名残があるので。)


スコットランド には独立した政府機関や法律があります。

これがスコットランドが国であるということを示しています。

スコットランド人には個性的な国民性があり、他のUKの国とも違う歴史を歩んできたのです。

スコットランド 人はイギリス人(british)であるということよりもスコットランド 人であることを第一に考えます(britishではないという人もいるぐらい)。

このことからスコットランドではいつでも独立の議論が行われるのです。

この話は次の機会まで置いておきましょう。

もしあなたがスコットランド の人にあったら、イングランド人(English)と呼ばないように気を付けてください。

これはただの冗談ですが。

私は間違えられることに慣れていますし、UKの構造が風変わりなのも理解しています。

こういう時には丁寧に嫌味にならないように訂正します。それによってUKとスコットランドのことを少しでもわかってもらえて、私たちの素晴らしい wee(ちっちゃな)国に興味を持ってくれたらいいなと思います。(weeはスコットランドで使われるsmallという意味の言葉)

おわり



まとめに入ります。

日本語のイギリスというのは英国ですがもともとポルトガル語のイングランドを指す言葉からきているという説やEnglish/イングリッシュからきているものでどちらにしてもイングランドを指す言葉で、UK全体を指すものではないため間違えやすい。

ですからスコットランド 、ウェールズ、北アイルランドの人たちに対してかれらをイングリッシュと呼んでしまうことは少し失礼に当たるようです。

ただ彼らはそう言われることに慣れすぎているみたいです。

これを避けるにはUKから来た人に対してはひとまずBritishと呼んであげましょう。それぞれの国名を挙げてあげるとなお良いと思います。(北アイルランドの人にはBritishというのもまた違うなど複雑なとこがありますが。。。)

スコットランドは国であるが独立国家ではない。

スコットランドが独立国家ではないということはイングランドも独立国家ではない。

イングランド、スコットランド 、ウェールズ、北アイルランドの4の国が集まり the UK(United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)という一つの連合国を構成しています。

それぞれの国には独立した政府機関があります。

ありがとうございました。

たまにスコットランド のことを書こうと思いますので次回もお楽しみに。

原文 by A.Cook

What is Scotland?

Since living in Japan, I’ve had this question asked of me more times than I can remember: ‘Where are you from?’. Simple, straightforward question, right? Well, no. It’s a little more complicated in my situation; you see, I’m from Scotland.

Scotland? Everyone knows Scotland, land of whisky, golf and bad weather. Our European friends have most likely visited there, and some North Americans excitedly claim their ancestry as Scottish. But in Japan? It’s a different story… Upon giving my answer, I’ll either get a blank look and the signs of someone racking their brain to remember where Scotland could possibly be; or (in the case of elderly men especially) ‘Aah! I love whisky!’ and they’ll proceed to name their favourite types, which I usually have never heard of. I also occasionally get people confusing Scotland with Nordic countries, as seen by replies such as ‘I love the Moomins!’ and ‘It must snow a lot’ (it doesn’t). 

In the case of the first reaction, I’ll often have to say ‘the UK’  to help them out a bit, but this often confuses people further, some then thinking Scotland is Ireland, which goes into me giving a mini geography lesson. To make things even more complicated in Japan, イギリス is often translated as ‘England’, not the UK. All of this makes for an unexpectedly messy exchange, which I totally understand. Scotland’s status IS complicated, and that is what makes it a special and interesting place.

In very simple terms, Scotland is a country, but not an independent one. It is part of the UK, or The United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland if you want its full and rather long-winded name. Scotland has its own government and many of its own laws, differentiating it from the rest of the UK. Scotland also has a strong national identity, with a rich and varied history, culture and traditions. Many Scottish people will consider themselves Scottish first, British second (or not at all!). This is why the issue of independence is always present in Scottish and British political discussion…but let’s talk about this another day!

So if you meet me or another Scottish person, just make sure not to call us English! Only joking, I’m used to the mistake, and I know the UK’s setup is unique. I now politely correct people – not to be a jerk – but so that I can spread a little more awareness about the UK and Scotland, and maybe get people curious about our wonderful wee (Scottish word for small) country! 

トム・ミッシュ – Tom Misch & Yussef Dayes

トム・ミッシュ(Tom Misch)とヨセフ・デイズ(Yussef Dayes)の合作コラボのアルバム『What Kinda Music』が絶妙にカッコいい。

トム・ミッシュはもうすでに日本でもライブしたりしていて知ってる方もいると思いますが英国ロンドン出身の期待の若手代表みたいなアーティストです。ジャズ、ソウルを中心に多彩な音楽を操るアーティスト、もちろんカッコいいんですが個人的にですが少し彼の歌声が甘すぎるというかcheesyな気がしてしまうのです。あえて英語書きましたごめんなさい。一方ヨセフはジャズのドラマーで恐ろしく男好みのドラムを叩くというか薄暗いバーでウィスキーみたいな音楽をする人です。

この二人のコラボアルバム、見事に二人の良さが混ざり合っていてすごくいい。

ぜひ一度聞いてほしい。

ちなみにトム・ミッシュは今年Fuji Rock出演予定です。。。。まあ、どうかなーー。だけど

イギリス生まれのカレー。チキンティッカマサラ- Chicken Tikka Masala

カレーレシピ第二弾。今回はチキンティッカマサラ。
説明もいらないぐらい知名度も上がってきたカレーですが簡単にいうとトマトクリームカレーという感じだろうか。
このカレーはイギリスでよく食べられているカレーで僕がイギリスに住んでる時もよく街で見かけました。
イギリス人に合うように作られたカレー(イギリス発祥)なのでものすごく食べやすいです。
本格的なものは鶏肉をヨーグルトとスパイス等でマリネしてタンドールで焼いたものをカレーに入れるんですがもう少し簡易的に作っていきましょう。
このレシピは本格的なものより気持ち汁気を多くあっさり食べられるように改良したものです。

チキンティッカマサラ レシピ

大さじ1  バター
1     玉ねぎ(角切りでもスライスでも)
2     ニンニク(みじん)
小さじ1/2 塩
少々    パセリ(仕上げにかける)  

鶏むねヨーグルトマリネ

小さじ1/2  塩
50g    ヨーグルト
250g 鶏むね(3cm)

スパイス

大さじ1/2 クミン(パウダー)
小さじ1/2 ジンジャー(パウダー)   
小さじ1/2 カイエンペッパー(パウダー)
小さじ1/2 シナモン(パウダー)
小さじ1/2 ターメリック(パウダー)
小さじ1/2 フェヌグリーク(パウダー)


カレーソース

大さじ1/2 サラダ油
1カップ   トマト缶
100ml 生クリーム
小さじ1 パプリカ
小さじ1/4 カレー粉
小さじ1/4  ガラムマサラ
少々     塩
大さじ1/2  砂糖

作り方

1 鶏むねをヨーグルトでマリネする。できれば半日ぐらいマリネしたい。
2 ニンニク、玉ねぎを鍋に加えてゆっくりバターで炒める。バターもニンニクも焦げやすいので焦げないようにたまに混ぜながら弱火で炒める。
3 スパイスと塩を加える。焦げないように混ぜながら香りが出るようにゆっくりと炒める。
4 サラダ油と鶏肉のマリネを加えて炒める。
5 トマト缶を加えて軽く煮る。スパイスが沈んで放っておくと焦げ付くのでたまにかき混ぜる。
6 他のカレーソースの具材を加える。
7 鶏肉に火が通ってソースの濃度が丁度良くなるまで弱火で煮込む。
8 味を決める。塩気、辛味が足りなければ塩、カイエンペッパーを少しづつ足して好みになるまで調整する。
9 皿に盛って仕上げにパセリをかける。

作る時のここがポイント
1 ニンニクは焦がさないようにゆっくり炒めましょう。
2 玉ねぎに塩をひとつまみ加えると水分が出て炒めやすくなり玉ねぎが甘くな り、これによってスパイスが焦げにくくなる。
3 スパイスは焦げやすいので適度に混ぜながら作る。
4 鶏むねは鶏ももでもいい。量を増やしたっていい。好みで。
5 生の唐辛子をカイエンペッパーの代わりに使うとフレッシュな辛味になる。好みで。
6 生クリームは時間差で後で加えてもいい。
7 一番重要、塩気、辛味は最後に調整しましょう。レシピはあくまで目安、使う各々の具材で味が変わるので好みに仕上げましょう。